貸切バスを利用する際の注意点とは

貸切バスを利用する際の注意点とは

貸切バスを利用する際の注意点とは 貸切バスを利用する際には、必ず注意点も事前に確認しておきましょう。バス車内を汚さないように使うというのはもちろんのことですが、これはあくまでも常識的な範囲となっています。このような部分以外に手配する段階から、いくつかの注意点をしっかりと意識していかなくてはなりません。
まず第1にバスを利用することになったらどこに出向くのか、そして運転は誰がするのかということを決めなければなりません。大きなバスになると大型免許を所有している方が運転する必要が出てきます。自分たちで運転するのが不可能な場合には、バス会社から運転士さんを派遣してもらう必要があります。また、バスガイドが必要な場合も同じく手続きをしてお願いしなければなりません。運転時間が長くなるケースや夜間に運行するケースになってくると運転士さんは1人ではなく2人必要になります。また泊まりになれば、当然自分たちが宿泊する施設を決めることになりますが、ここでは運転士さんやガイドさんが宿泊することも考慮しなければなりません。運転士さんやバスガイドさんはガス会社が手配をするわけではなく、貸切バスを利用する側がしっかりと宿泊施設の手配もしなければならないのです。

現地まではどのようなルートを通っていけばよいのかを考えることも必要となってくるので、こちらも貸切バスの予約をする前の段階で決めておきましょう。また目的地に関してですが、バスで行けるのかどうかを確認することも重要になります。場所によってはバスの乗り入れが禁止になっていることや、通行禁止になっていることがあります。さらにはバスの駐車スペースに関しても貸切バスを利用する側がしっかりと調べなければなりません。また、予約が必要であれば日時を伝えた上で、先方の施設に駐車場の予約を入れておきましょう。その上で実際に出かける際の時間配分も決めていく必要が出てきます。
このように貸切バスを利用する上での注意点はとても沢山あるのですが、万が一お天気の都合によってバスの運行が難しくなってしまった時には、当日になってからプランそのものが台無しになってしまうこともあります。この状況では誰が悪いという事ではありませんが、キャンセル料金が必要になるのかどうかも事前に確認しておくと良いでしょう。

当日必要になってくる駐車場料金や高速道路の料金については、あらかじめバス会社と相談し現金で支払う場合には、前もって運転士さんにお金を渡すようにしてください。またサービスエリアなどに立ち寄った際には出発する前に必ず参加者全員がバスの中にいるかを確認しましょう。
貸切バスでのお出かけが終了し、これから貸し切りバスを返却するというタイミングでは、バス車内の荷物の確認、それからトランクルームの確認も必要になってきます。どんなに小さな荷物であっても忘れてしまうことがないように気をつけましょう。
バスの車内で飲食行った際は、ゴミを持ち帰ることも重要になります。特にバス座席の足元などはお土産を置きっぱなしにして忘れてしまうことがあるので、十分なチェックをしましょう。

さらにバスの中で飲食をするケースや気分が悪くなってしまった場合なども想定しておく必要があります。もしもバスの中を汚してしまった時にはどうすれば良いのかも申し込みをする段階で確認しておくと良いです。別料金にてバス会社が清掃を行ってくれる場合もあれば、自分たちでしっかりとキレイにした上で返却しなければならないケースもあります。運転士の派遣を行わず、自分たちで貸切バスの運転をしていく際には汚れたままバスの返却をすると後で料金の請求が来てしまうこともあるので注意してください。
貸切バスでお出かけをする際には、1人または2人の幹事を決め、幹事さんがこのような手配を全て行っていくとスムーズになるでしょう。

最新記事